tourist information

観光情報

「味と伝統」

苓北の自然が育てた宝もの
新鮮な海の幸と旬の山の幸をお土産に。

内田皿山焼

幻の窯から生まれた古の美を今に伝える伝統の技。

今なお数多くの古陶片が眠る幻の窯「古内田皿山窯」は、日本で2番目に古い窯跡だといわれる。出土した古陶片を再現した民芸白磁と伝統的な作風が人気の窯元だ。
ベーシックな器から、天草更紗の図柄を復元したオブジェなど幅広い作品で、人々に愛され続けている。

問合せ0969-35-0222

場所苓北町内田554-1

苓北町物産館

苓北の味をまるごと新鮮な海の幸をお土産に。

苓北町の物産品である海産物、陶磁器類が一堂に揃う。海産物セツトやウ二など、全て産地価格でお買い得。併設のお食事処では新鮮な魚料理の数々を堪能できる。
とれたてをそのままパックした海産物セットをはじめ、山下果樹園のジャムやジュース、苓北そるとの塩やドレッシング、苓北町内産米など、苓北ならではの商品がズラリ。 美容と健康に良い海草サラタや海草こんにゃくは女性に大人気

問合せ0969-37-0725

場所苓北町上津深江4535-1

休日水曜、12月29日~1月1日

営業9:00-18:00(※11~3月は9:00-17:30)
飯屋「心粋」…11 :30~14:30、17:30~21:30

天領岩ガキ

夏の巨大な海のミルク

「夏ガキ」とも言われる苓北町の特産品。マガキの4~5倍はある巨大な身を、お刺身、蒸しガキ、カキフライなどで提供しています。
※要予約

料金1,050円~

時期4月上旬~8月上旬

緋扇貝

海の幸を食べる

苓北町の特産品・緋扇貝を使い、刺身・フライ・焼き物などバラエティに富んだメニューが並ぶ人気の御膳。緋扇貝の色彩とともに、目と舌を存分に楽しませてくれます。 地魚の刺身をプラスした「緋扇御膳」もおすすめ。
※要予約

料金1,500円~

時期10月~3月

天草ちゃんぽん札所

個性あふれる味わい

「おいしいちゃんぽんは長崎だけじゃない!」
海の恵みをたっぷりと盛り込んだちゃんぽんが人気。苓北町には10軒の"天草ちゃんぽん札所"があり、個性あふれるちゃんぽんを味わっていただけます。

お食事処ご案内

店名電話定休日ちゃんぽん札所岩ガキ提供店緋扇貝提供店
天草洋0969-35-0007不定休-
サンミカド0969-35-1154不定休---
ちゃんぽん明月0969-35-0210月曜日--
味千ラーメン苓北店0969-37-1043木曜日--
焼き肉の三福園0969-35-2666不定休---
いそなみ食堂0969-35-0205毎月3・13・23日--
いさりび0969-35-0541不定休
お食事処いこい0969-35-1014不定休--
一力0969-35-1425不定休
酔処 泰0969-35-1145火曜日---
カフェレストランウッディ―ハウス0969-35-0484日曜日---
千里十里0969-35-2312不定休---
味の店ふじ0969-35-1794不定休---
にしきラーメン0969-35-0827不定休--
洋食屋ガルニ0969-35-1878火曜日--
馳走ほりもと0969-37-1708不定休-
かどや0969-35-0163不定休--
よしや食堂0969-36-0116不定休--
レストラン四季咲0969-35-3533日曜日、第2第4月曜日-
CAFE IROHA0969-37-0013月曜日---
よし田0969-35-1228不定休---
飯屋心枠0969-37-1011不定休---
りゅう0969-37-1177木曜日---

その他お問合わせ

ウニ・サザエ・天草天領アジ

問合せ天草漁業協同組合苓北支所 0969-35-0050

緋扇貝(10月~5月上旬)、天領岩カキ(4月~8月上旬)

問合せ
福島水産 0969-35-2377
浜崎水産 0969-35-2488

真珠

問合せ㈲苓北真珠 0969-37-0836

レタス・みかん

問合せ苓北農業協同組合 0969-35-1441